So-net無料ブログ作成
検索選択

防犯ネットワーク整備を指示=大学生ボランティア活用も−警察庁(時事通信)

 ひったくりや振り込め詐欺など女性や高齢者を狙った犯罪が相次いでいることを受け、警察庁は21日、自治体や公共交通機関、民間企業が幅広く連携して、防犯情報を提供するネットワークを整備するよう全国の警察本部に通達した。
 犯罪抑止に重要な役割を果たす地域社会のつながりが弱体化しているとして、大学生や30〜40代の社会人を中心に参加を促し、地域パトロールや高齢者宅訪問をする防犯ボランティアの活性化も求めた。
 同庁はネットワーク整備について、不動産業者が入居希望者に防犯情報を提供したり、保険外交員が高齢者に声掛けしたりしている各地の取り組みを例示。役所や交通機関などに加え、飲食店やスーパー、ガソリンスタンドなどを幅広く活用して、高齢者や女性、子供に警察の防犯情報を提供する枠組みをつくる必要があるとしている。 

【関連ニュース
「振り込め」口座用に保険証詐取=架空名義、容疑で2人逮捕
架空請求詐欺被害が倍増=3月の振り込め
融資会社偽装、振り込め詐欺=容疑で8人逮捕、被害総額5億か
振り込め詐欺で男5人逮捕=被害総額2億円か
警察官装い運転免許証詐取=45歳男逮捕、「50件やった」

超過勤務、過大報告させ手当受給…神戸の財団(読売新聞)
JR脱線事故 救急隊長が医師らを前に講演(産経新聞)
立川談志さん 高座に復帰(毎日新聞)
誤った警察発表、少年遺族「名誉毀損」 愛媛県に33万円賠償命令 松山地裁(産経新聞)
学力テスト方式移行「大失政の典型」橋下知事(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。